2008年01月10日

カキの生食用・加熱用の違いって・・・?

スーパーで偶然発見した、


タイムセール 1パック100円


の文字。
ついつい反応してしまうのはやっぱり主婦だから?

で、その商品がなんとカキだったんですね〜^m^
もちろん、即買いです黒ハート

もしかして品質が・・・?
とかとも思いましたが、カキです。
当たるとひどいと言うカキ。

よりによってこいつの品質が悪いなんて事だけは考えられません。
だって、当たるとひどいってことは、逆に品質の管理をしっかりしないと商品にできないってことでしょ?

・・・なんて、勝手に解釈しながら(というより、自分を納得させつつ)購入。

よく見ると、「生食用」と書かれています。

そういえば、加熱用と生食用、2種類のカキが売られているのを思い出しました。

「生食用」ってことは生で食べれるってことかぃ?


・・・・・・・。


農林水産省の「消費者の部屋」にその答えがありました。
まず、加熱用と生食用。
鮮度の違いで古いから加熱して食べてねの、意味ではないそうです。

生食用のカキは、食中毒を防止するように成分・加工・保存の規格が設けられ、その基準にあったカキだそうです。

加熱用のカキは、生食用のような加工がされていないため、必ず加熱調理をして食べるよう記載するように指導されているということなので、生では食べないように・・・ってことでした。

今日私が買ったカキは「生食用」とありましたが、カキフライが食べたくって仕方がなかったので、生ではなく、カキフライでガッツリといただきましたΨ(⌒P⌒)Ψ

100円だったので、ちっこいのがちょこっとしか入ってないのかと思いきや、なんのなんの、おおぶりのプリッとしたとってもおいしそうなカキがなんと10個も入っていました!

ラッキ〜
いいお買い物ができましたわーい(嬉しい顔)
お味・・・?
もちろんおいしかったですよぉ〜〜〜!
posted by naena at 23:59 | 大阪 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
とってもお買い得でしたね♪
私も迷わず買いです!
そうなんですよね〜
よく見る表示でも本当の意味を
知らないことって、結構あります。
じつは私も調べた者のひとりです^^
とくに生鮮食品は安心して購入したいですから♪
Posted by miyu at 2008年01月11日 05:43
miyuさんへ♪
確かによく見るのに知らないことってありますよね〜。
っていうか、私は知らないことの方が多いかも。
miyuさんのブログは役立つことがいっぱいで、
いつもいろいろとお勉強させていただいてま〜す♪
Posted by naena at 2008年01月12日 00:26
加熱用の方が鮮度もよく肥えていて美味です。ですから、生食するのでなければ加熱用を買うのがお得です。
Posted by a at 2015年11月03日 12:18
aさんへ♪
コメントありがとうございます。
これからの時期、カキがおいしくなりますね〜。
お得でおいしい情報ありがとうございます(・∀・)
Posted by naena at 2015年11月04日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77663471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
TOPへ