2016年05月07日

式年造替中の春日大社へ

平成25年にはお伊勢さんが式年遷宮を終えられ、出雲大社では平成の大遷宮が行われ同じ年に本殿遷座祭が執り行われ、今年は春日大社。
たまたまではありますが遷宮前にそれぞれお参りに行っていて、
それぞれ20年に一度、60年に一度、20年に一度という機会に各社にお参りできているのはすごく幸運なことだと思います。

さて。そんなわけで今回は奈良・春日大社。
前回こちらに来たときにはしなかった「御本殿への特別参拝」と「若宮15社参り」をしようというのが今回の目的です。



まずは通常通りお参りを済ませ、右手にある特別参拝受付所にて受付を済ませます。
受付、、というとちょっと大げさに聞こえますが、参拝のチケット購入な感じです。

ゴールデンウィークということもあって長蛇の列です。
のんびりお参りするならやっぱりこういう時期は避けたほうがいいですよね。
わかってはいるけどなかなかそういうわけにも行かない私ですが。

IMG_0381.JPG

御蓋山の遥拝所や各社をめぐり、春日大社といえばな灯籠の回廊を堪能。

IMG_0380.JPG

中門のところには今回の式年造替を記念して直江兼続や宇喜多秀家など有名な戦国武将が奉納した灯籠も釣られていました。

IMG_0388.JPG

こちらは万燈籠を再現したという藤浪之屋。
年に3回行われる万燈籠の神事を感じれるようにと開放されています。
暗い室内の中、幾つもの灯籠に仄かに灯された明かりがとても美しくて見応えたっぷりでした。

御仮殿へ参拝したり、回廊内の神社を巡ったり。
超立派な藤に溜息ついたり。

IMG_0404.JPG

特別参拝、とてもよかったです。
そして、この式年造替の特別な御朱印もいただいたあとはもう一つの目的、若宮15社巡りへ。
こちらはまず夫婦大國社で受付を済ませて玉串札を受け取ります。
このお札を収めながら各社をめぐり、最後は夫婦大國社へ参拝し満願の奉告をするのだそうです。

IMG_0405.JPG

ホームページより
当社のご神域には、ご本社にお鎮まりになる4柱の神様のほか、霊験あらたかな神様が摂社・末社として合わせて61社お祀りされています。その中でも、とりわけ境内南側には若宮様がご鎮座され、その周辺は昔、参詣に訪れた人々が様々な思いを胸に、神めぐりをした場所として伝えられております。
この辺りは、人が生涯を送る間に遭遇する様々な難所をお守りくださる神々が、若宮様を中心にお鎮まりになられております。
ご参詣の皆様にも、ぜひこの若宮十五社を巡拝していただき、人間の一生をたどりながら、自身の生涯の安泰を心を込めてご祈願ください。


春の暖かい日差しと空気の中、順々にまわる参拝は清々しくてとても心地の良い気持ちでした。
参拝後、夫婦大國社の受付にて声をかけ、おしるしをいただきました。
中には15社の御朱印と、小さな小槌の福守が入っていました。



マップ





観光メモ

■ 春日大社ホームページはこちら 春日大社

春日大社 春日大社
御朱印は式年造替を記念した期間限定の御朱印
福之種子 夫婦大國社.jpg

 □ 所在地   奈良市春日野町160
 □ 開門時間  夏期(4月〜9月)6:00〜18:00
       冬期(10月〜3月)6:30〜17:00
       本殿前特別参拝・・・8:30〜16:00
       夫婦大国社・・・・・9:00〜16:30
 □ 電話    0742-22-7788
 □ 駐車場   有り(有料 乗用車1,000円 他)
         2月〜11月 7:30〜17:00
         12月〜1月 7:30〜16:30
         ※駐車場は近隣にも多数有り
 □ トイレ   有り



その他【奈良】【神社】の記事はこちら

   ・奈良に関する記事一覧
   ・神社に関する記事一覧


タグ:奈良 神社
posted by naena at 14:36 | 大阪 ☁ | Comment(0) | ちょこっとお出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
TOPへ