2015年09月05日

天空のお社へ 丹生川上神社上社

お腹がいっぱいになったところで、次の目的地 丹生川上神社上社へ出発です。
丹生川上神社上社 にうかわかみじんじゃ かみしゃ と読みます。
去年、天川村へ向かう途中にお参りした 丹生川上神社下社に対して、こちらは上社。
もう一社、中社が東吉野にあるそうです。

P8140040.JPG


なんで3つにわかれているの?
不思議に思いますよね。
各神社のホームページなどなどを拝見して私なりにまとめると、
天武天皇白鳳四年(675年)
「人聲の聞こえざる深山吉野の丹生川上に我が宮柱を立てて敬祀らば天下のために甘雨を降らし霖雨を止めむ」
とのご託宣を受け社殿が創られ、水の神様をお祀りした丹生川上神社。
雨乞い、雨止みなど雨に関する祭祀を執り行い、平安中期以降は最高格の社格の一つに数えられていたとのこと。
しかし応仁の乱(1467年)以降衰退してしまったため、神社の所在地がわからなくなってしまったそうです。
明治維新後に場所の研究がされ、有力視された神社がそれぞれ下社、上社となり、その後蟻通神社=丹生川上社説が受け入れられたためこの神社を中社とし、三社を合わせて「官幣大社丹生川上神社」とされたとのこと。
いやぁ、なんか難しい。
どなたか三行で(ry



道の駅を出発し、ナビくんに頼りっきりで約10分。
くねくねとした山道をどんどんどんどん上へ上へと上がっていきます。

IMG_0097.JPG

天空のお社。こうしてみるとそのフレーズはピッタリ。

P8140037.JPG

天気のせいかしっとりと柔らかい空気を感じます。

P8140044.JPG

なんだかすべてが新しい・・・。
それもそのはず、こちらの神社はダムの建設に伴い平成10年に現在の場所に移転をされたとのこと。
こちらから遥拝できるその先にはかつての神社跡があるのですね。

P8140045.JPG

もう一つ、興味深いお話。
丹生川上神社上社の旧社殿は、再建から200年を経て老朽化した飛鳥坐神社が譲り受け再建したとのこと。
なんと!こんなところで繋がっていたなんて。

飛鳥坐神社も大好きな神社です。
飛鳥ふたたび~飛鳥坐神社
このとき参拝した社殿は丹生川上神社上社から移築されたものだったということですね。

思えばしばらく明日香には足を運んでいないなぁ。
そろそろまたお参りに行ってみますか |д゚)チラッ


マップ




観光メモ

■ 丹生川上神社上社(ホームページはこちら

丹生川上神社上社.jpg 丹生川上神社上社.jpg

 □ 所在地   奈良県吉野郡川上村大字迫869-1
 □ 電話    0746-52-0733
 □ 駐車場   有り(無料)
 □ トイレ   有り

■ 川上村観光マップ
  ・川上村観光協会 川上村観光マップ (PDFでのダウンロードはこちら
  ・「奈良観光」サイト内 川上村観光マップ
   村内の移動、旅行の計画を立てるのに最適!おすすめです。

■ 川上村観光ガイド
  ・川上村観光ガイド
  ・川上村観光パンフレット



つづきはこちら

   ・夏の遠足 川上・天川村へ(たびのしおり的な何か
   ・川上村で滝見三昧~蜻蛉の滝
   ・川上村 道の駅でお昼ごはん
   ・天空のお社へ 丹生川上神社上社
   ・御船の滝へ
   ・ふしぎ 洞窟の中の滝~不動窟鍾乳洞
   ・酷道309号線で天川村へ
   ・初めての登山~観音峯へ
   ・丹生川上神社下社へふたたび


その他【奈良】の記事はこちら

   ・奈良に関する記事一覧
タグ:奈良 神社
posted by naena at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | ちょこっとお出かけ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください