2013年10月26日

初めてのお写経

相変わらずいつの話だ。。というアレですが、9月初めにお写経しに行ってきました。

ちょうど義父の命日が近いこともあり、ご供養含めて納経しようじゃないかと。
そう決まったものの、
はて、お写経ってどこでできるの??????
な、私達・・・。まずは調べることから始まりました。



条件は、その場でお写経をさせてもらえること。
これは道具を持ってないことと、家でするにはきっと他のことが気になって集中しないんじゃないかと(特に私;)いう理由。

それから気になるのは予約の有無と納経料、写経出来る日時。
ふらーっと訪れてどうぞ。。みたいなのがベストだけどそういうことできるのかしらん。
ってことで調査開始。
ーーーと言ってもできれば訪れた事があって心落ち着く場所がいいなぁなんていうわがまま付きだったり。
(リンクはお写経道場についてのページが開きます)

東大寺
 ・9:00~16:30要予約 お写経道場の写真を見ると、正座かな;
 ・墨と硯は貸して頂けるが,
  筆やペンは基本的には持参と書かれた記事を目撃。
 ・華嚴唯心偈(百字心経)、般若心経 1500円
  ※どちらもこのお値段かはわからず・・
 ・納経後は大仏さまの胎内にお納めして、心願成就を祈念いただける。

■ 四天王寺(公式HP「よくある質問・その他」)
  ・8:30から15:00頃まで いつでも可。太子殿にて直接申し込み。
  ・般若心経、十七條憲法 どちらも2000円

■ 橘寺(奈良県観光局のHPにて紹介有
  ・10:00~16:00要予約 正座
  ・般若心経 1500円(別途拝観料必要)
  ・始めと終わりには5分間の勤行あり。

薬師寺
  ・午前8時半~午後5時 いつでも可。道場では椅子席あり。
  ・般若心経 2000円、薬師経 4000円 他
  ・納経後は永代にわたって供養していただける。

調べても情報が見つからないところも多々・・まぁ、電話して問い合わせるとわかるんだろうけどね。。
(※記載している情報は当記事アップ時のものです。ご注意ください)


ってことで、今回は時間内ならいつでも受け付けてくれ、かつ椅子アリ、仏像かっこいい!の、薬師寺へおじゃますることに決まりました。納経後永代供養というのも今回の趣旨に合っていたからというのも理由の一つ。

で、やってきたお薬師さん。
最初の受付のところで、今日は写経に伺ったんですがというと、納経料のみの支払いで中へ。あら、拝観料込みなのね。
そしてお寺のお写真は前回撮らせていただいたので、割愛。
かっこいい日光月光菩薩様のお姿もしっかりと拝ませていただいたあと、ひとまずお写経道場へ向かいました。

途中で御朱印をいただいた際、なにかのキャンペーンをされていたらしく「ロータスロード」とおっしゃってください。とお坊さんに言われました。
なんだろ。。と思いつつ合言葉を・・・するとこんなきれいな散華をいただきました。

薬師寺 散華

(※記事訂正 近い時期に薬師寺へお参りに伺っていたため内容が混ざってしまいました;;ロータスロードキャンペーンは平成26年6/20~8/25まで行われていたそうです)

さてさてお写経道場へ到着。
受付を済まし、輪袈裟と用紙を頂いたあとお寺の方に案内してもらいました。
まずは丁字を口に含み身を清めて部屋の中へ。
中の象の香炉をまたいで席につきました。これもお清めなんですって。
正座して書く事の出来る場所もありましたが、やっぱり椅子のある方へw

机の上には硯、墨、水の入った入れ物、筆が置いてあります。
お写経の作法と書かれているものを読んでいるとすぐにお坊さんがやって来られて説明していただきました。
そしれまずはゆっくり墨をすります。水からって時間かかりそうだなぁって思ったけど少量だからかすぐに大丈夫な濃さになりました。

さて、、いよいよ・・・・と心を落ち着けて書き始め。
ぐは。筆ってやっぱり難しい;;なんせ小学校以来です。しかも小筆で名前を書くのが超ニガテだった私。と、悪戦苦闘しながら、下にうっすら見えているお経の文字を書いていきます。
ちょっとすると先ほどのお坊さんがやってこられて、筆の具合を見られたあと、「こっち使い」って新しいものを渡してくれました。
ぬぉぉ、ありがたいです。この筆、書きやすい。

さらにお坊さんは「今日はご供養でお越しですか?」とオットに尋ねられて、「ご供養ならまず先にここにご供養の旨の内容を書いてから、ご先祖様を思いながらお写経されるといいですよ」と教えてくれました。
また自分の願いのために書くときは最後に書くのだそうです。

そうしてまた集中してお経を書く・・・書く・・・・。。。
ちらっと横のオットを見ると、むむぅ、やつめ書くの早いな。
そのうち先ほどのお坊さんに声をかけられます。
明日の準備をするため、ちょっと音がしますがゆっくりなさってください・・はっ、と思い時計を見るとなんと2時間半が経過していた@@
焦りながらも丁寧に書いて、そうしてやっとよく知っている「ギャーテーギャーテー」のところが来た時にはかなりホッとしました。

最後に正面の箱のなかへ納めて手を合わせる。
そして外へ出るときに口の中の丁字をそっと出して退席。
気が付くともうとっくに5時を回っていて、なんと3時間もかかってしまっていたという;
それでもお坊さんにもせかされることもなく、ただただ静かな空気の中で緊張感を保ちつつ、どこかリラックスできた不思議な時間でした。

また行きたいなぁ~。
 
 
 
観光メモ

■ 薬師寺ホームページはこちら 薬師寺
 □ 拝観料   平成27年9月16日より拝観料を段階的に改定とのこと。
           ホームページにてご確認ください
           納経料2,000円/1巻~(道具完備・椅子席有り・予約不要)
 □ 拝観時間  8:30~17:00 ※但し入山申込受付は午後4時半まで
 □ 駐車場   有り
           (有料 大型・中型・普通・バイクで金額設定有り。普通車で1回500円)
           ※利用可能時間:午前8時半~午後5時
 □ 電 話   0742-33-6001

薬師寺 御朱印


■ 奈良市市内観光マップ(奈良市観光協会サイト内) 奈良市市内観光マップ
   市内の全体を見るのに最適です。


関連記事はこちら

   ・薬師寺の仏像はジョジョ立ちしている
   ・お写経で気力回復@薬師寺


その他【奈良】の記事はこちら

   ・奈良に関する記事一覧


ラベル:奈良 お寺 御朱印
posted by naena at 23:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょこっとお出かけ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック